起業塾

次世代の社会を担う起業家の育成を弊社代表の山本が阪南大学で非常勤講師として、指導させて頂いております。

ビジネスプランを考え、株主を募り、模擬株式会社を設立。1年を通して、学内でビジネス活動を行い、最後に株主総会を実施し、解散手続きまでを体験する授業科目になっています。

座学だけでなく実学を通し、学生が主体になって、自ら考え、自ら行動し、自ら結果を出す大変さを伝えます。

初めは、当たり前のことが当たり前にできず、失敗を重ねながらも最後には利益をあげ、ビジネスの楽しさを知って頂くことを大切に活動をしています。

大学学内発アクティブラーニングの実践に向けて

昨今の大学教育では、社会での実体験を重視するプロジェクト型の教育モデルであるアクティブラーニングが推奨されています。

その多くが、地域社会や行政、企業との産学官連携を中心となり、文系でも実社会に結びついた教育手法が生み出されています。

しかし、大学内で行う研究は、社会においても有意義なものが多く、学術的には知られているが、ビジネスの世界では知られていないものが多く存在します。

私たちは、そうした知られざる大学資源に目を向け、また大学内での市場価値を見出し、実社会に活かせる活動を目指しています。